限定テスト 2024.07.23; be8a26
この夏
Counter-Strike
の新時代が幕を開ける
『Counter-Strike 2』はCounter-Strike史上最大の技術的飛躍であり、今後数年間にわたる新機能とアップデートを約束するものです。

すべての新機能は、ゲームが正式にリリースされる今年夏に公開予定ですが、その第一歩として、本日より一部のCS:GOプレイヤーを対象とした『Counter-Strike 2』限定テストがスタートします。このテストの目的は、『Counter-Strike 2』の機能のサブセットを評価し、全世界でのリリースに向けて問題点を洗い出すことです。

この夏、『Counter-Strike 2』は『CS:GO』から無料でアップグレードされます。今から装備を選び、スキルを磨いて、次の展開に備えましょう!

『Counter-Strike 2』限定テストの機能については以下をお読みください。
ゲームチェンジャー
スモークグレネードが、環境と相互作用し、照明、銃撃、爆発に反応するダイナミックな容積オブジェクトになりました。
ゲームプレイ
スモークが他のゲームプレイイベントと相互作用できるようになり、新たな機会が生み出されます。弾丸やHEグレネードで煙を吹き飛ばすことで、一時的に視界を確保したり、妨害を拡大したりすることができます。
スモークの自然な広がり
スモークが、開いている扉や壊れた窓から外に広がり、階段を上下に移動するようになりました。また、長い通路でも広がるようになったほか、他のスモークと混ざり合うようにもなりました。
照明に反応
『Counter-Strike 2』では、スモークパーティクルは統一された照明システムと連携して、よりリアルな光と色を実現します。
見た通りの結果が得られる
今後、ティックレートは移動、射撃、投擲に影響しません。
更新されたサブティックは、『Counter-Strike 2』の中核となっています。以前は、サーバーは離散的な時間間隔(通称「ティック」)でのみワールドを評価していました。サブティックアーキテクチャが更新された『Counter-Strike 2』では、サーバーは、移動開始、銃弾の発射、グレネードの投擲の正確な瞬間を知ることができます。

その結果、ティックレートに関わらず、移動と射撃が等しく反応し、グレネードは常に同じように着弾します。
アイテムに新たな光
CS:GOインベントリを丸ごと『Counter-Strike 2』に持って行きましょう。長年かけて入手したアイテムを保管できるだけでなく、すべてのアイテムにSource 2のマテリアルと照明が適用されます。

従来のモデルやスキンのサポートに加えて、ストックされた武器はすべて高解像度モデルにアップグレードされています。さらに、一部の武器スキンにも新しいモデルが適用されます。
高解像度VFX
UIからゲームプレイまで、すべての視覚効果が再考されました。
『Counter-Strike 2』では、すべての視覚効果が更新されました。Source 2の照明とパーティクルシステムによって、水、爆発、炎、煙、マズルフラッシュ、弾道、衝撃エフェクトなどの挙動と外観が一新されました。
ゲームプレイのビジュアル
『Counter-Strike 2』では、最も重要なゲームプレイのビジュアルが、より分かりやすくなるように再設計されています。銃弾の衝撃は遠くからでもはっきりと確認できるようになり、命中の向きがわかる血痕(時間の経過とともに薄れます)は、マップ内を移動する際の情報としてさらに役立つようになります。
環境エフェクト
完全に再構築された、爆発、炎、C4爆弾の着火などを体験してください。『Counter-Strike 2』では、Source 2エンジンと最新のハードウェアを活用した環境エフェクトにより、ビジュアルの忠実度と一貫性が向上しています。
UIの強化
『Counter-Strike 2』では、UIを全面的に見直し、HUD全体に新しい視覚効果を追加しています。これにより、ビジュアルが向上しただけでなく、重要なゲームステータスがより分かりやすくなりました。
高精度オーディオ
リワーク、リバランス、リバーブ
『Counter-Strike 2』では、サウンドが物理的な環境をより正確に反映し、よりはっきりとゲームの状況を表現できるように再構築されています。また、より快適な音響体験のためのバランス調整も行いました。
今後の展開
限定テストでは、『Counter-Strike 2』の機能の一部のみを評価し、夏までに主要な問題を解決することをめざしていますが、それだけでは終わりません。今からわずか数か月以内に『Counter-Strike 2』の全貌を公開する予定です。